• shikinosora_kaori

9/20「創造する!もっと時間を、もっとお金を、もっと喜びを」講座



「時間がないから。」 「お金がないから。」 今までの人生、何度この言葉を理由に何かを諦めてきましたか?

そして、その言葉を発すると同時に、何を決めつけてきた? 自分に対してどんなジャッジをしてきた?

今から、これらの言葉を発しなくていい人生に変わったとしたら? その人生を想像したら、どんな感じ?

さらに、その人生が、「十分なお金を稼ぐためにはこれくらいの労力や時間や我慢が必要」「時間を捻出するためには、今の生活をこのように変えないと無理」と今の自分が思っているのとは全然違う形で素早く創りだせるとしたら?

もう二度と、外側の理由で何かを諦めたり、自己否定する必要がないとしたら?

このクラス「創造する。もっと時間を、もっとお金を、もっと喜びを」は、アクセスコンシャスネスの世界的なファシリテーターである、シモーン・ミラサスの著書『ジョイ・オブ・ビジネス Joy of Business』に基づいたクラスです。 シモーン自身が作ったレジュメを元にクラスを進めます。


わたし自身、冒頭の2つの言葉(「時間が・・・」「お金が・・・」)、今までたくさん口にして来たけれど、このシモーンの本を読んだり、アクセスコンシャスネスのクラスを受講していくうちに、それを理由に何かを選択するということが激減しました。 いや、それが思い浮かぶことは今でも多々あるのだけれど、そこからの対処がかつてとは全く違うものになり、結果として生み出される現実も全く違うものになってきました。

アクセスコンシャスネスとは、自分の中の制限・ブロックを外し、本来自分が持っている可能性をどんどん現れさせていくツールとテクニックのセットです。 そのひとつである、アクセスバーズ(脳の断捨離)は、聞いたことがあったり、受けたことがある人もいるかもしれません。

アクセスコンシャスネスには、バーズのような、手を使って行う施術だけでなく、人生を変えていくたくさんのツールがあります。 このクラスは、アクセスバーズを受けたことも聞いたこともなくたって受講できます。

ここでは、みんなでワークを行いながら、そういったツールを使って、今までの人生で閉ざしてきてしまった扉、見たことがなかった自分の中の扉を開いていきます。 扉を開くたびに、新しい喜びに出会います。

何も、新しいことを習得したり、身につけたりしなくていいのです。 自分の中にすでにある、見つけたことのなかった、塞いできたものをちゃんと見つけて、認めて、使い始めればいいだけなんです。

だから、年齢も経験も、関係ない。

誰だって、いつからだって始められるし、望むものを創りだせるんです。

必要なのは、今まで選択してきたものとは違うものを選択してみよう、そして、今までとは違う現実が現れるのを見てみようという意欲だけ。

どなたと一緒に何を創造できるか、楽しみにしています。

●「創造する!もっと時間を、もっとお金を、もっと喜びを」講座

・日時:2019年9月20日(金) 11時~14時半   (講座自体の時間は約3時間予定) ・場所:サロン四季ノ空  (和歌山県橋本市 最寄駅:林間田園都市 詳細お申込の方に) ・参加方法:現地またはオンライン(ZOOM)※録画はありません ・ファシリテーター:松本香織  (アクセスコンシャスネスCFMW、バーズファシリテーター) ・受講料:5000円 ・受講要件:どなたでも受講できます ・お申込方法:ホームページ(↓)のフォームからご連絡ください。 (アクセスコンシャスネスについて知りたい方もホームページをご覧ください)

サロン四季ノ空ホームページ https://www.shikinosora-access.com/

※受講前に『ジョイ・オブ・ビジネス Joy of Business』を読んでいなくても大丈夫ですが、わたしも大好きでとてもお勧めの本です。事前にまたは事後に、あるいは参加できないけれど興味があるという方は、わたしのブログでも紹介していますのでご覧ください。 https://www.shikinosora-access.com/post/アクセスコンシャスネスの書籍紹介

11回の閲覧

【サロン四季ノ空】

所在地:和歌山県橋本市

最寄駅:南海 林間田園都市駅より車5分

(バス停徒歩1分。都合がつく時は駅から送迎します)

※詳しい住所はお申込後に

☆和歌山県とはいえ大阪、奈良との県境で、県外から多数お越しいただいています

営業時間:

9:30~18:00

不定休

・完全予約制

・基本的には希望日前日の20時までご連絡ください

※フォームからの送信がうまくいかない方は、kkaorim☆gmail.com

にメールをしてください

(☆を@に変えてください)