top of page
  • 執筆者の写真shikinosora_kaori

アクセスボディプロセスの選び方



アクセスボディプロセスは現在60種類以上あります。

いや、実際にはもっとあるのですが、細かいことは置いておいて、まあ「すごくいっぱいある」のは間違いありません(笑)


しかも、名前を見ただけでは意味不明なものも少なくないのがアクセスボディプロセス。


そのため、「何を受けたらいいのかわからない」というお声もよく聞きます。


ごもっともです!(笑)


通常、世の中の施術は、名前からどんな効果があるのかがイメージがつくものが多いですよね。

でも、アクセスのボディプロセスのタイトルは、創始者のギャリーがキャッチしたエナジーそのものなんですよね。(というのも何を言っているかわからない、というのもごもっともです!笑)

だから、わかりやすさというものをそもそも勘案していないし、アクセスのボディプロセスはそもそも、「こういった症状にはコレ!」という直線的なものではないのです。


一見同じ「症状」だったとしても、それが体に現れるもとになったエナジーは全然違うものだったりするので、どのボディプロセスが合うかは一概には言えないのです。


「じゃあどうすればいいんだよ!!」

とキレたくなる、イライラする感じですよね。


わたし自身、アクセスを始めた頃、ボディプロセスのこういうスパッと説明してくれない感じがモヤモヤしてスッキリしないなあとよく思っていました。


そんなアクセスボディプロセス。


選ぶときにどうしたらいいか?


頭で考えるのではなく、体に聞いてみてください。


体は、頭が納得する説明を聞かなくとも、求めるプロセス(エナジー)を知っています。

ボディプロセスの名前を見て、あるいは耳にして、

「意味はわからないけどなんだかこれが気になる」

「なんとなく目に止まる」

「なんだか惹かれる」

「なんだかすごく抵抗を感じる」

といったものが、体が求めているプロセスかもしれません。


ファシリテーターに聞いたとしても、多くの場合、薬局で薬剤師さんに聞いたときのようには答えてはくれません。

あなたの体のことは、あなたの体に聞くしかないのです。

(ファシリテーターがあなたの体に聞いてくれる、ということはありますよ^^)

ak

「早速、どのプロセスを体が求めてるか見てみよう~♪」という方は、こちらの記事で一覧をチェックしてみてくださいね!




閲覧数:17回0件のコメント

Comentários


bottom of page